ホーム > お客さまへ > 災害に備えて

お客さまへ

災害に備えて

私たちはいつ災害に見舞われるか分かりません。 災害の中でも、水道施設にとって最も被害を受けやすいのは地震です。 水道は私たちの生活に欠かせないものですから、災害による被害を最小限に食い止められるよう、また、すみやかに復旧作業を行い皆さまの飲料水を確保できるよう、災害に強い水道を目指していきます。

耐震性貯水槽

いざというときに備えて、防災公園である新宮中央公園には、耐震性貯水槽を埋設しています。
ふだんは水道管として機能していますが、地震のときに緊急遮断弁が閉じることで、100立方メートルの水を貯めることができる仕組みです。

耐震性貯水槽画像


もしもの時に備えて・・・・

ご家庭でも非常時に備えて、飲料水のくみおきを心がけてみましょう。 水道水の保存は,消毒のための塩素がなくならないようにすることが大切です。 水道水は、清潔でフタのできる容器に口元いっぱいまで入れてください。 空気が残らないようにし、直射日光を避けて保存すれば、3日くらいは飲料用として使用することができます。 保存期間が過ぎたら,洗濯などの雑用水として使用すれば,無駄になりません。 人が生きていくためには1日3リットルの飲料水が必要といわれています。 みなさまのご家庭でも,家族の人数の3日分を目安に水道水を備えておきましょう。


お客さまへ

悪質訪問業者にご注意を!