ホーム > お客さまへ > 水道管の凍結について

お客さまへ

水道管の凍結について

夜の冷え込みにご注意

気温が摂氏マイナス4度以下(風あたりの強いところは摂氏マイナス1度~2度)になると水道管が凍ったり、破裂したりする事故が多くなります。冬は必ず防寒しましょう。

水道管を凍結から守るには

むき出しの水道管には、図のように保温チューブや毛布を巻くとよいでしょう。
また、これらが濡れないように上からビニールテープなどを巻いてください。ダンボールケース等でおおうとさらに効果的です。

水道管を凍結から守る方法


凍りやすい水道管

次のような状態になっている水道管は特に凍りやすいので、気をつけてください。


天気予報にご注意ください

低温注意報が発令された夜などは、特に注意して再点検しましょう。


水道管が凍結したら

自然に解けるのを待つか、凍った部分に布やタオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてください。
このとき、熱湯をかけるのは厳禁です。急な温度変化により水道管が破裂するおそれがあります。

熱湯は厳禁


水道管が破裂したら

すぐにメーターボックス内の止水栓を閉めてください。
止水栓の場所が分からない場合は、破裂した部分にタオルかビニールテープを巻きつけるなどの応急処置をして、指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。


お客さまへ

悪質訪問業者にご注意を!